ロゴ

貿易事務をする際に持っていたら良い資格を把握しよう

持っていると便利な資格

地球と人形

貿易事務に関わる資格とは

貿易事務の仕事を行なう上で、持っていると便利な資格があります。それは「通関士」と「貿易実務検定」の2つになります。貿易に関して税関の手続きを行なう資格のことを通関士と言い、国家資格となっています。また、貿易実務検定は貿易事務の基本的な知識などが求められているでしょう。この2つの資格を持っていると貿易事務をするにあたって、非常に有利になりますよ。

英語の資格

また、貿易事務では英語に関する資格も積極的に取得していきたいです。英語力が求められる仕事となっているので、英語検定や英語力を示す資格を持っていると就職の際にアピールすることが出来ますよ。このように英語力を伝えるためにも、資格を持っていると便利になります。また、企業によっては英語の資格を求める場合があるので、そこもチェックしていきましょう。

資格は必ず必要なの?

ここで気になるのが貿易事務をする際に、資格は必ず必要となるのか?という点ですよね。結論を言うと、貿易事務では必ずしも資格を必要とはしません。あくまでも持っていたら有利になるということになります。中には、資格を持っていなくても問題なく働ける貿易事務もあるので安心しましょう。なお、資格は必ず必要としませんが、貿易に関する知識や英語力は大事なので、そこはちゃんと対策しておくことですよ。

広告募集中